寒冷地エアコン

外気温―20℃でもお部屋ぽかぽか

エアコン暖房外が―20℃の極寒でも約50℃の高温風でパワフルにお部屋を暖めます。さらに夏は冷房にも使えて、1台2役、1年中快適にお部屋を保ちます。

  •  パナソニック寒冷地エアコンの暖房パワー

外気温が―20℃まで運転可能ですが、ヒートポンプ式エアコン暖房の特性上、外気温が下がるにつれて暖房能力は低下します。

―20℃から―25℃

外気温が―20℃を下回ると、暖房能力が不足する場合がありますので、他の暖房器具との併用をおすすめします。

捨てられていた熱を霜取り運転に有効活用!

寒冷地では寒冷地では冷たくなった室外機に霜が付着するため「霜取り運転」を行います。一般的なエアコンは、暖房中に霜取り運転が始まると停止してしまいます。パナソニックの寒冷地エアコンは霜取り運転時に暖房が止まらず暖かさが続く※「エネチャージシステム」を搭載。
蓄熱槽に捨てられていた熱をチャージ(蓄熱)して、霜取り運転に有効活用。暖房がパワフル、しかもノンストップだから暖かさが途切れず、ぽかぽか。

※フィルターのお掃除運転以外

エネチャージシステム搭載エネチャージシステム

凍結による性能低下を防止

エアコン暖房時は室外機が冷たくなり霜が付いてしまうため、霜を溶かすための「霜取り運転」を行います。そのときエアコンの室外機から溶けた霜が凍結するとエアコンが動かなくなってしまいます。そのためパナソニックの寒冷地エアコンには、室外機底面に凍結防止ヒーターが搭載されています。

凍結防止ヒーター搭載

厳しい寒さの北海道ですが、高性能な住宅の場合には暖房設備としてエアコンが使用可能です。北翔建設では、寒冷地に強い、パナソニック社製の寒冷地エアコンをおすすめいたします。

北翔建設社長ブログ

北翔建設イベント情報

北翔建設オープンハウス